【日本脳炎】予防接種を受けてきました。【痛くなかったのかな?】

日本脳炎の予防接種 子育て
スポンサーリンク

先日、子どもの予防接種を受けてきました。

子どもってたくさん予防接種を受けないといけないですよね。

今回は娘が3歳になったということで、日本脳炎の1回目の予防接種を受けてきました、

スポンサーリンク

日本脳炎とは?

大人になってもあまり聞きなれない病気ですが、日本脳炎とはどのような病気なのか調べてみました。

 

日本脳炎ウイルスに感染した蚊(コダカアカイエカ)に刺されてうつる感染症。
蚊にさされてから7日~10日間後に、高熱、頭痛、嘔吐、意識障害、けいれんなどの症状を示す「急性脳炎」になる。
脳炎を発症すると約20~40%の人が亡くなり、命をとりとめても、多くの人が神経の後遺症(脳の障害)を残す病気。             ―ワクチン.net 田辺三菱製薬

 

・・・ちょっと怖いですね。

予防接種は?

3歳で2回、4歳で1回、小学校に上がってから1回の計4回も接種する必要があります。

私の自治体では、予防接種は無料で受けることができます。

無料で上記のような怖い病気を予防できると考えたら、

受けるしかないですよね?

みなさんも子どものために必ず受けるようにしましょう。

子どもの成長を感じられた!

今回の記事のメインです。

実は、今回の予防接種は初めて行く小児科さんでした。

行きつけの小児科さんが閉院してしまい、今まで病気にならなかったので、
この予防接種から新しい小児科さんとなりました。

娘は結構な人見知りで、性別を問わず慣れていない大人に対しては、少し身構えるところがあります。

ところが今回の予防接種では、最初の診察でお腹をお医者さんに自分で見せ、お口をあーんし、
注射を打つ時も一切泣くことはありませんでした。

保育園での先生との話や、家での生活の中ではなかなか見ることができない一面で、
お医者さんと一緒になって喜んでいました。

子どもはあっという間に成長しますよね。

頑張ったご褒美に、注射後の絆創膏にかえるの絵を書いてもらいました。

子育てをしていて、いろんな方からこういったちょっとした気遣いが嬉しいですよね。
絆創膏のかえるさん

※2020年7月13日追記

先日2回目も受けてきました。

この小児科さんは注射のあとの絆創膏に可愛い絵を書いてくれます。

待合室も完全に個室になっていて、病気の子供と接することが無いので
安心して予防接種を受けることができます。

これは知ってる人が見たらどの病院かわかってしまうかもしれません。

同じ病院で予防接種をしたことがある、ママさんと話す機会がありました。
その時もお子さんは泣かなかったとのことです。

先生が上手なのか、そもそも痛くない注射なのか(痛くない注射なんて無い?)。

いずれにしても子供が病院に行くのを嫌がらないのは、子育てする上でありがたいことです。

子育て
スポンサーリンク
シェアする
にっちゃんをフォローする
この記事を書いたのは?
にっちゃん

初めまして、にっちゃんと申します。
 
人口が最も少ない鳥取県在住の、
いわゆる普通のサラリーマンです。
仕事に子育て、株式投資、
最近はブログに奮闘中!
 
妻と子供のために今日も頑張ります☆
よろしくお願いいたします!

more

にっちゃんをフォローする
にほんブログ村
にっちゃんブログ (サラリーマン×田舎×投資×子育て) - にほんブログ村
にっちゃんブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました